債権回収
  • トップページ
  • 事務所概要
  • お問い合わせ

債権回収プラン

  • 1.交渉
  • 2.法的手段
  • 3.強制執行
  • 4.相談事例

2.法的手段(※着手金無料プランの対象外となります。)債務者が交渉に応じない場合や、交渉が決裂した場合には、強制執行を目指して以下の法的手続をとることになります。

1.支払督促

債権が存在することには争いがない場合、
支払督促という簡易な手続によって、勝訴判決を得るのと同様の結果を得ることができます。
ただし、債務者から異議が出た場合には③に移行します。

2.少額訴訟

債権が存在するかどうかに争いがある場合であっても、
60万円以下の債権の場合には、③の訴訟よりも簡易な手続で審理することが可能です。
ただし、債務者から異議が出た場合には③に移行します。

3.訴訟

金銭債権の存在に争いがあり、かつ、債権額が60万円を超える場合には、通常の裁判を提起することになります。
書面の作成・提出や裁判所への出頭等、訴訟の進行に関しては全て当事務所の弁護士にお任せ下さい。

4.仮差押え

債権を有していても、債務者に財産がなければ債権は絵に描いた餅です。
そこで、債務者の財産が散逸しないように、あらかじめ、財産の処分を禁止するなどしてその財産を保全しなければならない場合があります。
それが仮差押えです。

ページトップへ